オーストラリア留学とフィリピン留学の体験比較。英語初心者におすすめなのは?

オーストラリア ワーホリ

「フィリピン留学にしようか?オーストラリア留学にしようか?」と迷っている方へ。

どっちも経験してみた自分の感想を言うと「既に英語のレベルがかなり高い人」ではない限り、フィリピン留学が絶対的におすすめです。

自分は「とりあえずオーストラリアに行けば、勝手に英語ペラペラになるっしょ」と期待してましたが、完全なる幻想でした。笑

特に「英語初心者の方」や、「日常会話も危うい」と言う人は、オーストラリア留学をしても時間とお金の無駄になりかねません

もちろんフィリピンもオーストラリアも、学校によってシステムや雰囲気が異なるので一概には言えない部分はあります。ただ英語初心者で留学先に迷ってる友達には全力でフィリピン留学を勧めています。

以下でオーストラリア留学を経て実際に感じた部分を、フィリピンセブ島留学と比較しつつお伝えします!

オーストラリア・セブ島留学比較① : 授業中に英語を話す機会が少ない

オーストラリア留学とフィリピンセブ島留学の一番の違いは、マンツーマン授業の有無グループ授業の人数の違いだと個人的には思います。

自分が英語を話す抵抗を無くすのに最も効果があったのが、このセブ島マンツーマン授業でした。

まずはオーストラリアとフィリピン留学の授業の違いをお伝えします。

フィリピン留学の授業内容

まずはフィリピンのセブ島留学の授業内容から。

学校にもよりますが、セブ島留学では3時間〜多くて5時間くらい、先生とマンツーマンで英語を話し続けるという授業があります。

自分は大学受験まで人並みに英語を勉強していたので、文法や単語はそれなりのステータスで最初のフィリピン留学に臨みました。しかし、いざ「じゃあ早速英語で喋ろう」という環境に置かれると、全く英語を話せない自分がいました

しかしマンツーマン授業では、個室に放り込まれフィリピン人と二人きりになります。たとえ自分が英語を話せなかったとしても喋らざるをえない環境がそこにあります。

全く喋れなかったにも関わらず、数日間授業を受けていると決まった言い回しが増えて、なんとなく英語を話す抵抗がなくなってきます。

授業の内容は自分で先生にお願いすればもはやなんでもアリです。教科書が一応存在していて、何も主張をしなければレベルに合わせて教材を進めていくスタイルです。

自分の場合はとにかく日常会話(speaking)をそれなりにしたかったので「教科書はいいからとにかく話をしようぜ」という感じで、ずっとくだらない話をしたりする時もありました。「R」と「L」の発音の違いが難しくて困った時は、先生にずっと「R」と「L」をチェックしてもらって一時間終えることもありました。笑

つまり、マンツーマン授業では特に苦手な部分を強化する事ができます。日本の授業のように受身ではないので、逆にいえば自分がどういう風な勉強をしたいか提示していく事が重要になります。

マンツーマン以外の授業はグループ授業で、人数は3人〜多くても8人くらいの構成です。

映画を見て感想を言い合ったり、何かテーマについて英語で話し合ったり、ディスカッションがメインです。グループ授業とはいえ、先生が授業を淡々と進めるような事は全くありません。

後ほどオーストラリア留学の授業内容をお伝えしますが、それと比較すると授業に参加してる感が遥かに強いように思えます。

オーストラリア留学の授業内容

一方オーストラリア留学はマンツーマン授業がない所がほとんどです。場所を選べばマンツーマン授業を受ける事も出来ますが、価格は高く、また授業数も少なかったりします。大抵の学校はグループ授業が大半で、規模が大きい所では10〜15人程で授業が行われます。

自分はブリスベンのラングポーツという割と規模が大きい学校に通っていますが、授業が1日に3コマしかなく、またその全てが15人程のグループ授業です。

15人のグループなので、当然一人が英語を発する時間がめちゃめちゃ少ないです。またセブのように先生と生徒がディスカッション感じではなく、基本的には先生が喋ってる時間が長く「日本の英語授業とあんま変わらなくない…?」と最初の週から疑問に感じてしまいました。笑

生徒同士で討論する時間も結構あるんですが、もはや学校に通わなくとも現地の人や他の国の人と絡めばそこに違いはありません。

セブ島留学の時は授業に行くのが楽しみだったり、先生と話すのが楽しいので授業も一瞬で終わったり、という感じでしたが、オーストラリアは正直「早く授業おわんないかな〜」と思ってしまう程です。

オーストラリア・セブ島留学比較② : 生徒の英語レベルがセブとは段違いで高い

オーストラリア留学とフィリピン留学で授業以外に大きな違いを感じたのが、留学に来ている生徒のレベルです。

一言で言えば、オーストラリアに留学に来ている人のレベルはとても高いです。フィリピン留学に来ている人はアジア圏が多く、オーストラリア留学に来ている人はヨーロッパや南米系が多いといった感じです。

フィリピン留学に来ている人達

フィリピン留学を2度経験してますが、フィリピンの時は「日本人・韓国人・台湾人」が大多数を占めていて、後はベトナム・ロシア・サウジアラビア等々の国籍の人がいました。

「ロシアやサウジがいるなら、結構多国籍じゃない?」と思われるかと思いますが、割合の大半はアジア人が占めています。

日本人よりも韓国人や台湾人の方が、スピーキングの能力に長けてると感じる事が多かったですが、それでも「まあまあ英語ができる人」くらいのレベルの人が多かったように思えます。

韓国人やベトナム人は訛りが強い人が多く、また日本人もいわゆる「日本語英語」といわれる発音の人がたくさんいました。

つまり生徒のレベルはあまり高くありません。

オーストラリア留学に来ている人達

一方オーストラリアの留学に来ている人達は、とにかくレベルが高い印象を受けました。

世界中から猛者どもが集まっていて笑、ブラジル・コロンビア・ロシア・イタリア・韓国・台湾・ベトナム・タイ…等々、とにかくいろんな人がいます。

フィリピン留学はアジア人が大半を占めているのに対して、オーストラリア留学は世界から均等に人々が集っているという感覚です。

オーストラリア留学に来る前に、色々と体験談ブログを読んで「多国籍ですよ!」という情報はもちろん見てましたが、文字で見るのと実際に見るのとではインパクトが全く異なります。笑

フィリピン留学時と同様に日本人や韓国人、台湾人のアジア勢もいるのですが、こっちにいる人は発音も綺麗で、スピーキングの能力も高い人ばかりでした。

ブリスベンのラングポーツでは学校内は母国語禁止のルールがあるんですが、日本人同士でも割と自然に英語で喋っています。ちなみにフィリピン留学のCIAという学校も母国語禁止のルールがありましたが、英語だと会話にならなくて普通に日本語を喋ってました。笑

このようにアジア勢のレベルも高いんですが、驚くべきはヨーロッパ・南米勢です。

「この人達はなんでここにいるんだろう?」というレベルで会話もできて、発音も綺麗です。笑

入学時に授業のレベルを決めるテストがあるんですが、レベルテストの1つであるスピーキングテストが自分・コロンビア人・先生の3人で行われました。

フィリピンで散々スピーキングばかりやってたので、そこそこにはなったかな〜と思ってたんですが、コロンビア人のレベルの高さに驚愕しました

発音・会話スピード等々、もはやネイティブと何が違うのか不明なレベルでした。笑 「この人これ以上英語の何を学ぶんだろう…?」と率直にそう思いました。

もちろん皆が皆、レベルが高いわけではありませんが、比較的スピーキングの能力が長けている生徒が多いです。

なので英語初心者の人にはハードルが高く感じるかもしれません。逆に中級者〜上級者にとっては、オーストラリア学校の方が英語を使うのにはいい環境といえます。

オーストラリア・セブ島留学比較③ : 先生と密に関われない

生徒のレベルに関わらず、先生と共に過ごす時間を多くすれば、自然と英語を喋る機会が多くなります。

フィリピン留学では先生はもはや友達のような存在になるので、その分絡みが多くなります。

一方オーストラリアの先生はもちろん優しくてフレンドリーな人も多いですが、あくまで学校の先生と生徒という関係値になりがちです。

フィリピン留学で出会う先生

先ほどお伝えしたようにフィリピン留学ではマンツーマン授業が多いので、先生とかなり仲良くなります。

1対1で授業があるからという理由以外にも、フィリピン人は底抜けに明るく、とにかくフレンドリーという事も理由のひとつです。

一緒にご飯を食べに行ったり、土日に一緒に遊んだりする人もいます。授業以外でも自然に英語を使う事になるので、遊びながら英語力がUPできるような感覚です。

自分の話でいうと2015年に一番最初に通ったCIAという学校の先生と、未だに連絡をとったりする事もあるレベルです。またフィリピンに旅行に行ったりする事があれば、学校まで先生に会いに行ったりもします。

オーストラリア留学で出会う先生

一方でオーストラリアの留学はグループ授業が大半なので、先生との関わりがとても少ないです。もちろんフレンドリーな先生もいますが、プライベートで一緒に食事にいったりする機会はフィリピンに比べて遥かに少ないと思います。

またオーストラリアは物価が異常な程に高いので、もしご飯に行くとしても気軽に行けません。笑

反対にフィリピンでは何を食べても安いので、先生に奢ってあげても金銭的なダメージはそこまでたいした事ありません。

フィリピンで先生とご飯に行く時は基本的にこちらが奢るケースが多いです。フィリピンの先生は一ヶ月の給料が3万円程ととても少ないので、ちょっと良さげなお店に外食に行く事が高価な事だと思っていて、日本食や先生の行きたい場所に連れてってあげるととても喜んでくれます。笑

そういった金銭的な理由からも、先生とのプライベートの付き合い方が変わってきます。

オーストラリア・セブ島留学比較④ : オーストラリア訛りやスピードはなかなかのもの

留学を考えている人は「オーストラリアやフィリピン英語の訛りはどうなのか?」と気になっている人も多いかと思います。

結論から言うと、オーストラリアの英語は未だに訛りが強く、フィリピンの英語は人による、という感じです。

また会話のスピードがオーストラリアはめちゃくちゃ速いです。母国語なので当たり前ですが、あまり手加減をしてくれません。笑

それが刺激になって頑張らなきゃ!と思える事も確かですが、初心者の方にはなかなか辛い部分になってくるかもしれません。

フィリピン英語は訛っている?

自分が最初にフィリピン留学に行った時は、訛りなど全く気にせず行きました。なぜなら訛っているのかどうかという問題の前に、そもそも喋れないという問題がでかすぎたためです。笑

行ってみて気づいた事でいえば、フィリピン人の訛りは人によります。人によってはネイティブのようにかっこいい英語を喋る人もいるし、少し独自のニュアンス入ってんな〜という先生もいます。笑

ですが、旅行に行くとさらに癖が強い英語を話す人達もたくさんいます。つまり訛っていてもそれを理解できなければ、結局意思疎通ができません。訛ってる先生に当たったら「訛ってる人と英語を喋る練習」と思えば、むしろ勉強になっていいと考える事もできます。

先生はこちらのレベルに合わせて会話スピードを変えてくれるので、初心者の人にも優しいと感じます。

オーストラリア英語はなかなか強烈

オーストラリアに旅立つ前に、アメリカ人の方が成田空港の改札に引っかかっていたので手助けするために少し会話をしました。

その彼はボストンに行くと言っていて、5分間くらい話してたんですが、英語がめちゃめちゃクリアに聞こえて「あれ、結構話せるようになってるかも」と良い気持ちで旅たちを迎えました。

その後9時間弱のフライトを終えて、空港でまずSIMを入れようと人生初のオージーとの会話を試みました。

が、めちゃめちゃ聞き取りづらくて早速オーストラリアの洗礼を浴びました。笑

フィリピン人は基本的にアメリカ英語のような発音なので、それに慣れてしまったからなのか?オーストラリア人が話す英語はなかなか難易度が高いと感じました。

こればかりは時間(慣れ)が解決してくれる問題かと思いますが、訛りだけではなくスピードも速いので、初心者の方はより強烈に感じるかもしれません。

オーストラリアとフィリピン留学を比較してみて

以上が、自分が感じたオーストラリア留学とフィリピン留学の違いです。

あくまで個人的な意見ですが、これらの理由によりやはり英語初心者の方にはオーストラリア留学をおすすめできません。

3年前の英語を全く喋れない自分に会ったとしたら「オーストラリアやカナダ、NYに行く前に絶対にフィリピン留学すべき」というアドバイスを絶対にします。

とはいえ「どうしてもオーストラリアに行きたい!」という方もいると思うので、何か疑問点などがあればお気軽にコメントいただければと思います!

オーストラリア ワーホリ

ABOUTこの記事をかいた人

Bob

Land Escapeの管理人です。平成元年に生まれました。

お気軽にご質問ください!

名前・メールアドレスの入力は任意です。個別のやり取りをご希望の場合のみご入力下さい。なお、メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心下さい。