Bobの自己紹介

皆さん初めまして。

Land Escape管理人のBobです。

平成元年生まれ、2017年現在28歳のメンズです。

子供の頃に想定していた28歳は“とても素敵な大人の男性像”でしたが、自分を見ても周りを見てもそれは幻想なようです。笑

歳を経ると”世間体”という武装が必要になりますが、その武装スキルが向上するだけで人の本質はなかなか変わらないのかもしれません。

 

「酒が人間をダメにするんじゃない。 人間はもともとダメだということを教えてくれるものだ。」

 

上記立川談志さんの名言は有名ですが、本質ついてるな〜と思う今日この頃です。人が丸裸になる瞬間はお酒に気持ちよく溺れている時だと感じています。

このブログをご覧になっている方は幅広い年齢、あらゆる立場の方がいるかと思います。

そんな日頃の武装に少しお疲れの方へ。

“何か気付き”を与えるような情報をお伝えできればと思い、ブログを開設しました。

 

伝えたい事が多すぎる

「この国に行ったらここにはぜひ行って欲しい」
「この音、海に合って最高だから聞いて欲しい」
「おすすめの映画を伝えたい」
「病気に悩んでいる人にこれを伝えたい」
「仕事に悩む人にこれを伝えたい」
「ウェブで稼ぎたい人に自分が知る限りのノウハウを教えたい」
等々。

いざ文章を書き始めようとすると、自分は意外と伝えたい事があるんだなという事に気がつきました。笑

そして同時に情報を発信するにあたり、何かジャンルを特定する必要はないんだと感じました。

自分が”良いと思った事 / ためになった事 / 経験してきた事”などをお伝えしていきます。その中で皆様にとって少しでも有益な情報があれば、拾っていただければと思います。

僕は昔から何か文章を書く事が好きだったわけではありません。

目立つ事も好きではありません。それゆえ半匿名で書いています。笑

それでもこういったブログを開設したのは「情報を必要としている人に正しい情報をお伝えしたいから」というシンプルな気持ちです。その気持ちがシャイな心を上回った模様です。

また想いを文章にする事で、同時に自分の心も整理されるような感覚を持つ事にも気づきました。

 

きっかけは「止まらないめまい」

また別の記事等で詳細を書きますが、26,7歳頃にストレス等が原因で「めまいが数ヶ月間止まらない」という症状が発症しました。

「めまい ストレス」
「めまい 自律神経」
「めまい 治らない」

等で検索をかけ、自分の症状を探しましたが、のちに大騒ぎとなる医療系サイト”Welq”がひたすらヒットしました。

デザインもシンプルで洗練されており、情報量も異常な程多い為Googleさんにはとても気に入られている様子でした。が、蓋を開けてみれば、知識がない人が情報を集めているだけというメディアでした。

めまいを治したい僕からしてみれば、とても信頼を失う出来事でした。一時期医療系の情報は何を調べても”Welq”が出てくるほど力があったので、同じ体験をした人も多いのではないでしょうか。

力を持ちすぎたWelqはとにかく叩かれる結末となりましたが、類似サイトは無数に存在していると思います。

そんな「Googleの検索(SEO)が強いサイト」に”本当に必要としている情報”が埋もれないように、微力ながら抵抗していこうというのがこのブログの主旨でもあります。

 

現状を簡潔に

ブログ開設に至った理由をさらりとお伝えましたが、僕自身は“現在どのようにして生きているのか”という部分をお伝えします。

「知らん人の文章は信用できん」そういった個人的な想いからです。

僕は現在会社には属さず、個人事業主として様々な分野のメディアサイト(※このブログとは別です)を作り、それらの広告収入でそれなりにやっていけてます。

就職活動頃からサラリーマンとして何年も働く自分の姿が想像できず「何か自分でお金を生み出す方法はないかな〜」と常々模索していました。

このブログを見ている人の中でも、同じような考えを持っている方も多いのではないでしょうか。

色々と考えた結果、最終的に出した結論が「ウェブ」でした。

「ウェブであれば時間にも場所にも制限がかからない」というのが決め手で、個人事業主として生活し始めてからかれこれ三年程が経過しました。

今でこそ収入がある程度安定してきて、自分が理想とする人生に近づいていますが、よくも悪くもかな〜りいろんな事がありました。笑

そんな生活を続けていると最近「個人事業主として生活していきたい」「何かビジネスをしてみたい」あるいは「とにかく話をしたい」「ちょっと病んでるかも…」という、後輩・同世代・先輩の相談を受ける機会が増えました

その人達の悩みや想いを聞いて、僕が出来る限りのアドバイスをすると「話を聞かせてもらってよかった」という感想をもらいます。

 

僕はホリエモンのように有名でも、何かずば抜けた実績があるわけでもありません。

 

それでも「僕を信用してくれる人」や「何か共感してくれる部分がある人」には何か気付きを与えてあげる事がわかりました。そして人が喜んでいる姿を見ると、自分も素敵な気持ちになる事に気付きました

綺麗事に聞こえるかもしれませんが、わりとまじでそう思ってます。

今このページをご覧になっている方も、記事を読んで、あるいはここまでの紹介を見て「何か共感してくれる部分がある人」に該当するのかもしれません。

それってつまり僕が情報発信する事で相互ハッピーになる可能性があるという事です。お互いが素敵な気持ちになるように、情報を共有していきたいというのが本心です。