Karma Grip(カルマグリップ) – Go Pro 純正スタビライザーの口コミ・購入方法

スタビライザー

「GoProでぶれない動画を撮りたい」という方へ。

GoProを購入した後に、マウントと呼ばれる付属の部品を購入している方が多いかと思いますが、「思ったよりも動画がぶれてしまう…」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は動画を安定させるのに適したKarma Grip(カルマグリップ)という商品をご紹介します。

「GoProを買ったけど、GoPro広告のように綺麗な動画が撮れないな〜」という人には、Karma Gripの存在は必須です!

Karma Gripとは?

スタビライザー

出典 : amazon.co.jp

そもそも「Karma Gripってなんだ?」という方へ。Karma GripとはGoPro純正のスタビライザーの事です。

“スタビライザー”とは、手ぶれなどのカメラの揺れに対して平行を保つことができる機材ですが、これを使うことで動画が驚く程安定します。初めてスラビライザーを触った時は機能性の高さに現代を感じ、少し感動するレベルです。笑

以前まではKarma GripというGoPro純正のスタビライザーがなかったので、他社のスタビライザーで対応するしかなかったのですが、ようやくGoPro専用のスタビライザーが発売されました。

それではKarma Gripに関して、項目ごとに詳しく見ていきましょう。

Karma Gripを使うとどんな動画がとれるのか?

こちらがKarma Gripを使用したものと、手持ちしたものとの動画比較です。

これをみてもわかるようにKarma Gripがあるとないとでは、手ぶれ補正に雲泥の差があることがわかります。

Karma Gripの購入方法

発売したての際は電気量販店での購入ができなかったのですが、いまでは取り扱いがある店舗が多いようです。なのでお近くの電気量販店、あるいはAmazon等の通販サイトでも簡単に購入する事ができます。(Amazonで購入する場合は出品者に信頼がおけるかしっかり口コミ等チェックしてください)

在庫切れやお近くに電気量販店がなくて買えないという方は、GoProの公式サイトから海外取り寄せで購入する事ができます。

GoProの公式サイトから購入する場合は別途配送料がかかることと、ドルでの請求であることをお忘れなく。余裕があればレートを見て、値段を比較しつつ購入するのもおすすめです。

チェックアウトの際の注意点ですが、住所などの情報は英語で入力しないと先に進めません。私は日本語で購入し続けいつまでも先に進めないというジレンマを経験したので、ご注意ください。笑

発売当初だったので公式サイト経由でしか購入できなかったのですが、今はそんなことはないのでAmazonなどで購入した方が楽チンです。

値段はいずれにせよ4万円弱と高価ですが、値段相応の価値はあります。

Karma Gripのメリット(他社スタビライザーとの比較)

Karma Grip以外にも、GoProで使用できるスタビライザーは色々と種類がでています。「純正とそれ以外のブランドとどっちがいいの?」と悩んでいる方も多いかと思います。

なので実際に自分が使ってみたKarma Gripのメリット・デメリット部分をお伝えします。「他社のスタビライザーか、Karma Gripを購入するかで悩んでいる」という方はぜひとも参考にしてみてください!

1.GoProとの連動がスムーズ

これは当然ですが、GoProの純正スタビライザーという事でGoProとの連動がとてもスムーズです。

Karma Gripには下記の写真の通り、手持ちの部分にボタンがあり、これらはGoProと連動しており撮影やモードの切り替えがかなりスムーズにできます。

スタビライザー

出典 : amazon.co.jp

逆にいうとGoPro純正以外のスタビライザーでは、声による撮影や遠隔での操作が必要になります。カメラとスタビライザーの2つを操作するのは想像よりも手間に感じると思います。

GoPro専用アプリのCaptureを使用すればスマホ経由での遠隔操作が可能ですが、スタビライザーと遠隔操作用のスマホで両手を使用するのは後々煩わしくなる可能性が高いです。

またKarma Gripを使用するとGoPro本体の電池を自動的に充電してくれます。GoProをすでにお使いの人はわかると思いますが、GoProってかなり電池を消耗するのが早いですよね。そういった点も純正ならではの機能でカバーしてくれます。

2.動画の手ぶれ補正が滑らか

これは個人的な肌感ですが、GoProのスタビライザーKarma Gripは高いだけあって非常に滑らかな補正をしてくれます。

スタビライズのクオリティでいうのであればKarma Gripに軍配があがります。デメリット部分で比較した”FEIYU TECH G5″というスタビライザーもご紹介します。

Karma Gripのデメリット(他社スタビライザーとの比較)

それでは今度はKarma Gripのデメリット部分です。メリット・デメリットを加味して購入するかどうか検討するのが良いかと思われます。

1.値段が高い

他社のスタビライザーと比較すると、値段が高いという事があげられます。

例えばこちらのスタビライザー”FEIYU TECH G5″。

スタビライザー

出典 : amazon.co.jp

機能性も申し分ないのですが、値段はKarma Gripと比較するとAmazonのセール価格で35,000円と少し安めに販売されています。

予算的にKarma Gripは少しきつい…という方は他社スタビライザーで代用しても良いかもしれません。FEIYU TECH G5は実際に使用したことがありますが、動画の質も動きも純正Karma Gripと比較しても特に問題はありません。

2.大きい・グリップが太い

こちらもKarma Gripのデメリット部分ですが、他社スタビライザーよりも少し大きいように感じます。「手荷物がかさばるのが嫌だな…」という方は、電気量販店等で実際に手に取ってみて判断する事をおすすめします。

FEIYU TECH G5に関して言えば、Karma Gripと比べて少し小さ作られていますが、重量はKarma Gripよりも重いように感じます。大きさ、重量共に実際に見てみないとわからない部分かと思うので、家電量販店等で実際に比較してみることをおすすめします。

3.充電切れが早い・防水機能がない

GoProを自動で充電してくれるのはいいのですが、Karma Grip自体の充電切れが早いように感じます。

実際に使う際には必ず満タンまで充電することをおすすめします。また、使用していないときはこまめにスイッチOFFするよう心がけましょう。

防水機能に関してはその他のブランドも同一ですが、防水の機能がありません。Karma Grip・FEIYU TECH G5共に生活防水程度であれば耐えられますが、極力デリケートに扱うことをお勧めします。

Karma Gripと買ってみた感想

私自身もKarma Gripを購入する際には値段も高価な事から「本当に必要かな…」という葛藤に苛まれましたが、買って本当に良かったと言えます。FEIYU TECH G5という口コミ評価の高いスタビライザーと比較しても、やっぱりKarmaGripのメリット部分(GoProとの連動 / スタビライズの質)に軍配があがるかなという感想です。

ただFEIYU TECH G5でも遜色ないので、FEIYU TECH G5のデザインだったり価格帯が気に入っているという人は全然アリだと思います。それよりも値段が低いスタビライザーに関しては試したことがないので一概に言えませんが、Amazon等の口コミ等をしっかり見て自分なりに判断していただければと思います。

今まで特にカメラ好きでもなんでもなかった私ですが、GoProHERO5とKarma Gripを購入したことで、旅行や日々の生活に新たな楽しみがプラスされた感じです。

本メディアを始めるにあたり、海外を旅しつつGoProを起動させる機会がかなり増えたのですが、スタビライザーで撮影していると周りの外人の人にも「oh Cool!!」的なノリで注目されます。笑

せっかくGoProをかったのであれば、ぜひともスタビライザーの購入をおすすめします!

スタビライザー

ABOUTこの記事をかいた人

Bob

Land Escapeの管理人です。平成元年に生まれました。

お気軽にご質問ください!

名前・メールアドレスの入力は任意です。個別のやり取りをご希望の場合のみご入力下さい。なお、メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心下さい。