「天国に一番近い島」パラワン島。おすすめビーチやホテルをご紹介!

パラワン ビーチ

「天国に一番近い島」とも呼ばれるフィリピンの美しい島”パラワン島”。

にも関わらずネット上にはあまりパラワン島の情報がなく、「困っている…」という方も多いのではないでしょうか。

私自身もパラワン島に行くにあたり情報不足を感じたので、実際に訪れてみた感想や注意点などをご紹介します!「パラワン島に行こう」と考えている方へ、少しでも参考になりますと幸いです。

パラワン島への行き方

パラワン島 行き方

日本からパラワン島に行くにはマニラかセブ経由で、さらに飛行機にのる必要があります。

パラワン島には

・プエルト・プリンセサ
・エルニド

という2種類の空港があるのですが、宿泊先の位置を考えて行き先を決めることをおすすめします。

ちなみに下記で紹介するパラワン島のおすすめスポットに関しては、「エルニド空港」の方が近いので、エルニド空港を利用する方向けに情報をお伝えします。

私自身宿泊先がエルニドの近くだったということと、基本的に観光地はエルニド空港の近くであるという情報が多かったため「エルニド空港」を選択しました。

2015年の末まではエルニドへの直行便が存在せず、プエルト・プリンセサ経由でしかエルニドに迎えなかったのですが、直行便が登場したことでさらにエルニドの人気が高まってきました

ちなみにプエルト・プリンセサからエルニドに行くにはバンで5時間程かかります。エルニド付近で遊ぼうと考えている人は、エルニド空港に直行できるようプランを立てた方が体力的におすすめです。笑

エルニド空港への飛行機予約方法

パラワン島 行き方

http://air-swift.com/

エルニド空港への直行便はAirSWIFTという航空会社が利用できます。上記URLが公式URLなので、空き状況や予約はこちらから行う事ができます。

エルニド行きの飛行機は売り切れになってしまう事が多いので、エルニドに行く事が決まっている人は早めに予約することをおすすめします。

エルニド空港までかかる時間

マニラ・セブからエルニドに向かう際は飛行機を利用しますが、1時間30分程で到着します。

日本からはマニラやセブを経由して行く事しかできないため、少し不便に感じる人も多いかと思いますが、フライト時間が短いためそこまでの疲れは感じません。(乗り継ぎがスムーズであることが前提ですが)

パラワン島に行く前の注意点

実際にパラワン島に行ってみて何点か感じる事があったので、お伝えします。これからパラワン島に行こうと考えている方は参考にしていただければと思います。

移動方法としてバンの予約は必須

パラワン島 移動方法

パラワン島に向かう人は何泊かするかと思いますが(日帰りで行くのはもったいないです…!)、空港に着いてからの移動方法としてバンの予約をする事をおすすめします

私はバンの予約をせずに「空港につけばタクシーとかあるだろ」的なノリであまくみていましたが、そこにはトライシクルと呼ばれる”バイクに取り急ぎ椅子をつけた”感じの乗り物(上記画像)しか存在していませんでした。

初めのうちはガタガタの道路をトライシクルでいく感じが一種のアトラクション感覚でかなり楽しかったのですが、道が荒すぎることと、砂埃が凄すぎる事でかなり心を打たれました。笑

きている服はもちろん、全身砂まみれになります。「そんなの気にしないよ!」という方は無問題かと思いますが、快適な旅をしたいという方は、バンの予約をすることをおすすめします

バンの予約方法に関しては、宿泊先にお問い合わせで空港からバンでピックアップをお願いすれば、動いてくれる事かと思います。電話が困難な場合はメール等でお問い合わせしましょう。

現金(ペソ)は余裕を持った額を持ち歩こう

パラワン島はよくも悪くも”何もない場所”です。

宿泊する場所の近くにATM等がある保証もないので、現金は必ず用意していく事をおすすめします。クレジットカードを使える場所も少ないので、少し余分なくらい現金があると良いと思います。

パラワン島は世界でも人気な観光地なので、飲み物や食べ物もセブプライスではなく、観光地プライスです。

思っていたよりも出費がかさむ事を想定することをおすすめします。日本からマニラ・セブを経由してエルニド空港に向かう人の中には「エルニド空港で換金すればいいや」と考えている方も多いかと思いますが、エルニド空港はこんな感じです。

エルニド空港

「カフェ…?」と思うような、とても空港とは思えない風景が広がっており、換金所はおそらくありません(サーチ不足ですみません)。あったとしてもペソ不足等の懸念もあるので、やはり早めの換金をおすすめします。

それでは以下では「まだ宿泊先が決まっていない」という方に向けて、おすすめのビーチ・宿泊先をご紹介します。

パラワン島のおすすめビーチ① : Verda Safari Beach

パラワン島 ホテル

一番最初に訪れたのがこちらのVerda Safari Beachです。

2km程のビーチで、その中に一軒家が建っています。その家は2階建てになっているのですが、滞在しているスタッフを抜かせば、その家に宿泊している人以外は誰もいません。(現地パラワンに住んでいて遊びに来ているフィリピン人はたまにいますが)

パラワン島 ホテル

つまり、かなりの”プライベートビーチ感”を感じることができます。逆に言えば特にすることがないともいえますが、こんな素敵な場所でゆっくり時を過ごすのは”かなりの贅沢感””癒し”があります。

Verda Safari Beachへの行き方(アクセス)

ちなみに空港からはトライシクルで一時間程かかりました。バンで迎えば30分〜40分弱でつくかと思いますので、距離的にもかなり近い位置にありおすすめです。

Verda Safari Beachから移動したい場合は現地のスタッフに頼めばバンを手配してくれます。もしくは次の行き先が決まっていればそちらで手配しても良いかと思います。

Verda Safari Beachのロケーション

Verda Safari Beach

ビーチはいうまでもなく綺麗ですが、ハンモックがあったり、ヤシの木があったり、とにかくロケーションは抜群です。

Verda Safari Beach

時間がなかったので自分は経験ができなかったのですが、ボートで小さい離島に連れてってくれたりもします。シュノーケリング等も楽しめるので、アクティブに遊びたい方にも色々と選択肢があります。先ほど特にすることがないと言いましたが、現地のスタッフに色々と聞いて見れば、その他アクティビティも用意してくれるかもしれません。

Verda Safari Beachの食事

ちなみに滞在先の隣にはちょっとしたバーがあります。

Verda Safari Beach

出てくる料理は「とても美味しい!」とは言えませんが、問題なく食べれてそこそこ美味しいです。お酒も用意があるので、わざわざお酒を購入して持ち運ぶ必要もありません(種類は多くないので、お酒にこだわりがある人は持ち運ぶことをおすすめします)。

朝から晩までとにかくゆっくりした時を過ごせるので、本当にリラックスできます。ちなみに夜になるとライト等の照明はなくなり、真っ暗になってしまうのでバーも7時ごろまでの運営になるのでご注意ください。

Verda Safari Beachの夜

Verda Safari Beach

そして夜になると無数の星が見れます。セブ島でも「日本よりは星がみれるかな〜」くらいの印象はありますが、その比ではありません。空一面に星空が広がっています。

ほぼプライベートビーチの海辺に寝そべって見る星空は言うまでもなく最高です。人生の中でも素敵な経験になることは間違いないと思います。

ちなみに私は1日だけの滞在でしたが、その夜に5つ程流れ星を見ました。人生の中で綺麗な星空とそれほどまでの流れ星を見た事がなかったのでかなり刺激的な夜でした。

とにかくロマンチックな空間なので、友達・恋人・家族、等大切な方と行けば素敵な思い出になります。(ちなみに天気が悪いと星が見れません。旅行に行く際は天候も加味した方がベターです)

パラワン島のおすすめビーチ(離島)② : Flower Island Resort

Flower Island Resort

こちらもパラワン島を旅行で行こうと考えている方には、とてもおすすめできるビーチです。個人的には先ほどご紹介したVerda Safari Beachよりも気に入りました。

こちらは2日間滞在しましたが、「人生の中でもう一度行きたい」と心底思える場所です。

Flower Island Resortへの行き方(アクセス)

Verda Safari Beachからバンで一時間ほどのTaytay Pierというところに移動します(空港からでもバンで1時間〜1時間半程で到着します)。その後にスピードボートに乗って30分程すると、Flower Island Resortがある離島に到着します。

公式HPのアクセスを見てみるとスピードボートで一時間と書いてありましたが、もっと早く着きました。海の状況により移動時間も変更することがあると思うので、一時間を見積もっておいた方が無難かもしれません。

Flower Island Resortのロケーション

Flower Island Resort

バリ島のような雰囲気でこれまた素敵な場所です。先ほどご紹介したVerda Safari Beachは、広大なビーチでボーッと楽しむような場所ですが、Flower Island Resortはもう少し観光地っぽい印象があります。

到着すると現地のスタッフが歌いながら出迎えてくれて、フィリピン人ならではの、優しくフレンドリーな接客をしてくれます。

Flower Island Resort

宿泊先はコテージのような場所で外観はもちろん、内装もお洒落です。目の前には綺麗な海が広がっているので、リゾート感は抜群です。

Flower Island Resortの食事

Flower Island Resort

申し込むプランによるかと思いますが、大抵は三食バイキング付きのプランかと思います(そうでない場合はバイキングにした方がおすすめです)。食事はこちらの素敵なレストランで食べるのですが、雰囲気はもちろん味も最高です。

先ほどご紹介したVerda Safari Beachの料理はそこそこでしたが、こちらのFlower Island Resortの料理はとても美味しいです。朝・昼・晩と食事のレパートリーも豊富なので、飽きる事なく料理を楽しむ事ができます。

Flower Island Resortの夜

Flower Island Resort

Verda Safari Beach同様に空一面に星を見る事ができます。個人的な肌感でいうとFlower Island Resortの方がVerda Safari Beachよりもより鮮明に星がみれたように思います。(天気にも左右されているかと思いますが)

書いていて思ったのですが、紹介したリゾートで星が観れるというよりはパラワン島全体で星が綺麗に見れるのかもしれません。笑

Flower Island Resortでは夜遅くまでバーが開いており、観光客も10〜20人ほどいるので、ゆっくりお酒を飲んで楽しみたいという人にはとてもおすすめです。

まとめ

今回はパラワン等へのアクセス方法や注意事項、おすすめビーチや宿泊先をご紹介しました。

今回ご紹介したリゾート以外にも魅力ある場所はたくさんあることかと思うので、あくまでも参考程度にしていただければと思います。私自身パラワン島がかなり気に入ったので、また別の場所を訪れて観たいと思います。

ちなみにどちらもExpediaから予約可能です。気になって方はぜひご覧になってみてください。

パラワン ビーチ

ABOUTこの記事をかいた人

Bob

Land Escapeの管理人です。平成元年に生まれました。

お気軽にご質問ください!

名前・メールアドレスの入力は任意です。個別のやり取りをご希望の場合のみご入力下さい。なお、メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心下さい。