「会社を辞めたい」という人は、会社辞めない

仕事辞めたいと言う人

タイトルのまんまですが

「もう会社嫌だ、辞めたい…」と悩んでいる人、発言している人は”なかなか会社を辞めない”というデータがあります(自分の周りのデータ)。

自分は個人事業で会社に属していないのでなおさら「いいよな〜まじで。また月曜から仕事で憂鬱だわ〜俺も会社やめて自由になりて〜。」と発言する人を多く見てきました。

最初の頃(24〜25歳頃)は「こいつ会社辞めたいんだな」と真剣に相談に乗ってたりしていたんですが、冒頭で述べた通り彼ら・彼女らは何を言ってもなかなか会社をやめません。そういう人たちは仕事以外でも何かにつけて(恋愛・人間関係等)言い訳をする事が多いので、一緒にいても得るものがあまりありません。笑

この記事をみてくれている人は「周りに会社辞めたい発言するやつがいて、だるいよ〜」という人が主だと予想しています。

あなたの周りにそんな”会社やめたい”さんがいる事を想定して、少しお話をします。

「じゃあ会社辞めればいいじゃん」

彼らが厄介なのは「じゃあ辞めれば」と言ってもなかなか辞めないという所です。

辞めたいなら辞めればいい、というシンプル極まりないアンサーですが、それがなかなか決まり手になりません。笑

何か相当な理由があるのか?と思って聞いてみると、辞めたい理由は大抵以下で構成されています。

・「上司がうざい」
・「人間関係が面倒くさい」
・「単純作業で日々つまらない」
・「成長している感じがない」
・「給料が低い」

なるほど。

3番目の理由を述べようとしたくらいでもう彼(架空の人物)の話を聞いていられません。後日彼との話し合いという名の飲み会が開かれるならば確実に断るでしょう。笑

もうこんな理由だったら、本当に「じゃあやめろよ苦笑」以外の答えを自分は持ち合わせていません。

はっきりいって辞めたい理由のレベルが低すぎて、もう話し合いにならんというのが正直な所です。

「上司がうざい」には何種類かパターンがあるかと思いますが、仕事で圧倒すれば大体大人しくなります。圧倒しすぎていじめられるようであれば、そんな会社だめです。笑 またそういった問題ではなくわからずや(理解し合えない)な上司であれば、その環境を変えるのが話早いです。人間関係も同様です。

「単純作業でつまらない」「成長してる感じがない」というのは、つまり会社で仕事している時間を無駄にしているという事なのでしょう。単純作業でも何か楽しみを見出せないのでしょうか。ホリエモンは獄中の単純労働でも、「いかに効率よくこの仕事を終えられるか?」という点に主眼をおいて、仕事をこなしていたと言います。「どう工夫しても楽しみようがない!」という環境なのであれば、これまた「とっとと辞めましょう」としかいいようがありません。

「給料が低い」というだけが理由であれば、ではいくら欲しいのでしょうか?そこの会社で頑張っても、自分の願望を満たせないのであれば、見合った給料がもらえる会社に移ればいいのではないでしょうか?副業でも個人でも、何か別でお金を稼ぐのもいいかもしれません。そうすると意外とお金を稼ぐ大変さを知る事になりますが…。笑

つまり会社や仕事を辞めたい理由が上記のようのものであった瞬間、私の心は遮断されます

会社や仕事の文句を言うくらいなら辞めればいいし、辞めないなら会社の文句を言うのは辞めて欲しいです。

愚痴というのは聞いてるだけで人の体力を奪う魔法の言葉です。笑

仕事辞める人は「仕事辞めるわ」って言う

では仕事を本当に辞める人はどんな人かと言うと、「仕事辞めるわ」と発言する人です。

もしくは、気づいたら辞めてます。

至極当たり前の話なんですが、本当に仕事辞めたい人は勝手に辞めてます

他人の意見に左右されているようなレベルであれば、本当に会社を辞めたいとは思ってない、あるいは勇気を持ち合わせていません。

ここでひとつ疑問ですが(自分で言っといてナンですが)会社を辞める事はそんなに勇気がいることなんでしょうか?自分自身は過去に会社を3社経験してきて、特に誰にも相談する事もなくぽこぽこ辞めてきましたが、周りの反応が過剰な事になかなか驚きました

「そんな会社移動しまくって何がしたいの?」
「ひとつの会社で頑張り続ける人もいるのに」
「大丈夫なの?」

という類の助言(?)を多々頂きましたが、完全にスルーを決めてました。笑

「この時代にひとつの会社にいる方がよっぽどリスクだわ」と思ってましたが(発言もしてましたが笑)、最近ホリエモンが多動力という本を出してくれたり、キングコングの西野さんが働き方の革命を唱えてくれているので、そろそろ「会社辞める」事に対するイメージも変わってくるのではないかな、と日々感じております。

また、自分の親しい友達の中には会う度に会社が変わっているやつがいます。彼(アプリエンジニア)はフラフラと理由なく移動しているわけではなく「そこの会社で得られる技術を身につけたから、他にいく」という理由で移動を続けています。

つまり移動の理由が今の会社のネガティブポイントではなく、自分のやりたい事のためといった理由が主です。なので彼にとっては会社を変えるという事は、言い換えるのであれば「会社を利用してより高度なスキルを身につける」くらいにしか思っていないという事です。

会社を辞めると言う理由ひとつでも、話の軸がこんなにも変わってくるんです。

「会社辞めたい」発言から数年

そういえば昔からずーっと「会社辞めたい」っていってたけど、あいつ未だに会社辞めてないんだな〜という人はたくさんいます。

相変わらず愚痴ってる人や、気持ちを切り替えてめちゃくちゃ頑張っている人もいます。人それぞれです。

会社を辞めたい人も様々な状況があるので一概には言えませんが、「会社を辞めたい」のに「辞めれない」人は、会社を辞める事を大イベントに捉えすぎなんじゃないかなというのが個人的な感想です。

合わないなら辞めればいいし、他の事経験したいなら色々やった方がいいです。逆にひとつの会社に固執してると、腰が重くなります。

会社辞めたい発言をとにかく繰り返す人には「その人が会社を辞めて何をしたいのか」という点に主眼をおいて話を聞いてあげると、少し先が見えるかもしれません。

昔から仲の良い友達が「会社辞めたいな〜」とつぶやいていたので、なんとなくまとめてみました。笑 何かしらの参考になれば幸いでございます。

仕事辞めたいと言う人

ABOUTこの記事をかいた人

Bob

Land Escapeの管理人です。平成元年に生まれました。

お気軽にご質問ください!

名前・メールアドレスの入力は任意です。個別のやり取りをご希望の場合のみご入力下さい。なお、メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心下さい。